企業情報ニュース

企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2022年1月6日

3ステップでかんたん導入
ロボットコントローラ MRC01を新発売

オリエンタルモーター株式会社(代表取締役執行役員社長:川人英二 本社:東京都台東区東上野4-8-1)は、「初期設定」「動作プログラミング」「動作確認」の3ステップで、自作ロボットをかんたんに導入・制御できるロボットコントローラを新発売しました。

ロボットコントローラ MRC01

背景

生産性向上や人手不足解消、省スペース、省エネなどさまざまな課題を解決するために、自動化に取り組み、ロボットを導入する生産現場が増えています。
既存の製造ラインにロボットを導入する場合、ロボットのサイズや仕様を考慮したラインの再構築が必要になることがあります。また、製造ラインに合わせた自作ロボットを導入する場合には、ロボットを制御する新しいシステムの導入が必要です。
オリエンタルモーターは、既存の設備の制御システムを大きく変更することなく、自作ロボットをかんたんに追加導入できるロボットコントローラ MRC01を発売しました。設定ツールのプログラミングソフトを使うことで、どなたでも、初めてでも、3ステップで自作ロボットを導入・制御できます。


概要

「初期設定」「動作プログラミング」「動作確認」の3ステップで、自作ロボットをかんたんに導入・制御できるロボットコントローラです。αSTEP(アルファステップ)AZシリーズや、AZシリーズを搭載したアクチュエータと接続できます。

特徴

1. 既存のシステムに自作ロボットをかんたん導入
ロボットコントローラ MRC01と上位システムの連携は、EtherNet/IP™でダイレクトに制御できます。既存の設備の制御システムを大きく変更せずに、自作ロボットの追加導入が可能です。
自作ロボットをかんたん導入

*1 MRC01は、I/O接続(上位機器なし)でも動かすことができます。

*2 MRC01とAZシリーズのドライバ間は、RS-485通信で制御しています。


2. 初めてでも、かんたんセットアップ
自作ロボットの初期設定から動作プログラムまで、かんたんに設定できる「プログラミングソフト MRC Studio」をご用意しています。また、プログラミングソフトの体験版もご用意し、MRC01を購入する前に操作感を試すことができます。
プログラミングソフト MRC Studioは当社WEBサイトからダウンロードできます。

価格(税抜)

定価 220,000円

拡販を狙う市場

自動化・省人化装置など産業用に幅広く拡販します。

販売目標

300台/月

発売日

2022年1月5日

ページの先頭へ戻る