αSTEPARシリーズ パルス列入力タイプ
拡張設定による主な付加機能

拡張設定による主な付加機能

項目
概要
基本設定
拡張設定
パルス列入力方式の選択
1パルス入力、2パルス入力方式(負論理)の選択ができます。
通常設定以外に、位相差入力の設定ができるようになります。
・1パルス方式(正論理/負論理)
・2パルス方式(正論理/負論理)
・位相差入力(1逓倍/2逓倍/4逓倍)
-
分解能設定
機能切替スイッチ(D0、D1、CS0、CS1)で分解能を選択できます。
機能切替スイッチ(D0、D1、CS0、CS1)の各々に相当する電子ギヤの値を変更することができます。
-
運転電流設定
電流設定スイッチ(CURRENT)で運転電流設定を変更できます。
電流設定スイッチ(CURRENT)の0~F(16段階)の各々に相当する値を変更することができます。
-
停止電流割合設定
運転電流に対する停止電流の割合を設定できます。
-
モーター回転座標の設定
モーターの回転座標を設定することができます。
-
カレントオン信号(C-ON入力)
モーターを励磁させるための入力信号です。
電源入力時のC-ON入力の論理を設定できます。
-
カレントオン時励磁位置復帰動作
有効/無効
カレントオン時に励磁位置(偏差0位置)への復帰動作をおこなうかどうかの設定ができます。
-
I/O入力信号モード選択
押し当て運転※1にする場合に入力します。
-
アラームコード信号の有効/無効
アラーム発生時にコード出力したい場合に設定します。
-
END信号出力幅設定
END信号出力幅の変更ができます。
-
END信号出力オフセット
END信号出力値をオフセットすることができます。
-
A/B相出力
モーターの位置確認用に使用することができます。
タイミング信号出力
モーターが7.2°回転する度に出力されます。
速度フィルタの設定
運転指令にフィルタをかけ、モーターの挙動を抑制します。
設定スイッチ0~F(16段階)の各々に相当する値を変更することができます。
-
ノーマルモード用
振動抑制機能
回転中の共振振動を抑制するように設定できます。
-
加減速時・停止時の振動を抑制するように設定できます。
-
電流制御モード用※2
ゲイン調整
位置・速度ループゲインを調整します。
-
速度積分時定数を調整します。
-
制振制御振動周波数を設定します。
-
制振制御有効/無効を設定します。
-
電源投入時のモーター励磁位置選択
電源投入時のモーター励磁位置を選択できます。
-
データ設定器設定
データ設定器の速度表示を符号付にするか、絶対値表示にするかを選択できます。
-
速度モニタ用のギヤードモーター減速比を設定できます。
-
※1

ギヤードタイプでは押し当て運転をおこなわないでください。モーターやギヤ部が破損する原因になります。

※2

発熱、音をさらに低減したい場合以外はノーマルモードでのご使用をお奨めします。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る