2列式ベルトコンベヤとモーターの直結による省スペース化事例

2列式ベルトコンベヤ

課題

コンベヤ側面の出っ張り・無駄なスペースをなくしたい

従来の装置

2列式ベルトコンベヤの下に三相インダクションモーターを折り返して設置し、タイミングベルト・プーリ機構と連結して駆動(速度制御にはインバータを使用)

用途 : 段ボールケースの搬送

従来の問題点

  • コンベヤ側面に伝達機構などがはみ出し、余計なスペースが生じてしまう
  • 狭いスペースでも使えるスリムなコンベヤのため、横幅・下部にも余計なスペースをとりたくない
  • 装置取り付けのための部品が多く、全体の組立工数が増えてしまう

解決策

ブラシレスモーター BMUシリーズ
JHギヤ(直交軸ギヤヘッド)で
コンベヤのスリム化・省スペース化を実現

2列のコンベヤ間にモーターを設置し、小型・高出力のブラシレスモーターBMUシリーズと高強度・高許容トルクの直交軸中空ハイポイド JHギヤを採用。コンベヤ側面や下部の出っ張り・余計なスペースがなくなり大幅な省スペース化が実現できます。

ブラシレスモーター BMUシリーズ

具体的なアプリケーション例

高強度・高許容トルクの直交軸中空ハイポイドJHギヤを使用
2列のコンベヤ間にモーターを設置、負荷軸(シャフト)の両端にコンベヤの駆動ローラーを取り付け
負荷軸(シャフト)を介して左右のコンベヤを駆動
  • 余計なスペースや部品点数の削減による、トータルコストダウン

    モーターや伝達機構のスペースを省き、設計時間・組み立て時間・部品発注や管理のための時間を短縮します。


    従来の装置
    JHギヤを使用した場合
    コンベヤ側面の
    装置幅と高さ
    従来

    タイミングベルト・プーリ機構を使用するため
    余計なスペースが生じてしまう

    JHギヤ

    コンベヤとモーターを直結することで
    横幅・下部のスペースを削減し、装置をスリム化

    最低限必要な
    部品点数
    ・ タイミングプーリ×2
    ・ タイミングベルト×1
    ・ 安全カバー×1
    ・ 取付プレート×1
    ・ 取付プレート×1

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る