グリップコンベヤ(サイドコンベヤ)のモーター部軽量化事例

グリップコンベヤ(サイドコンベヤ)

課題

モーター部を軽量化したい

モーター部を軽量化したい

従来の装置

2台の三相インダクションモーターで2つのコンベヤを駆動し、円筒状(ビンやペットボトルなど)のワークを挟み込み搬送(速度制御にはインバータを使用)

用途 : ワークへの印字、ラベル貼り

従来の問題点

  • モーターが重いと架台の強度を上げる必要があり、重く・高価なコンベヤになってしまう
    また、コンベヤが重いと設置作業が大変
    (モーターを2台使用するため、モーターの質量が装置の質量に大きく影響する)
  • モーターが重いと片手で持ち上げられず、作業がしづらい

解決策

ブラシレスモーター BMUシリーズ
モーターの大幅な軽量化を実現

ブラシレスモーター BMUシリーズを採用することにより、モーターの軽量化を実現します。

ブラシレスモーター BMUシリーズ

具体的なアプリケーション例

モーターの軽量化を実現

  • 使いやすく、リーズナブルなコンベヤに

    コンベヤの軽量化により、組み立て・設置・メンテナンスが容易になります。
    また、架台を設計するときの自由度が向上するため、装置設計の費用を抑えることができます。

  • 大幅な軽量化を実現

    三相インダクションモーターからBMUシリーズへ変更することによって、6.6kg(1台あたり3.3kg)の軽量化が可能です。


    当社の三相インダクションモーター
    (汎用インバータと組み合わせた場合の一例)
    BMUシリーズ
    出力
    90W
    60W
    取付角寸法
    □90mm
    □80mm
    ギヤタイプ
    平行軸
    平行軸
    減速比
    9
    30
    ギヤヘッド出力軸の
    許容トルク
    4.2N・m(33 ~ 133r/min)
    5.2N・m(2.7 ~ 66.7r/min)
    4.9N・m(100r/min)
    3.7N・m(133r/min)
    質量
    4.7kg
    1.4kg

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る