キャッパー(充填機) トルクリミッタを使わない、コストカット事例

キャッパー(充填機)

課題

トルクリミッタを使わない、簡易的で安価なキャッパーをつくりたい

トルクリミッタを使わずに、シンプルでローコストなキャッパーをつくりたい

従来の装置

品物を充填後、各種容器のキャップを、トルクリミッタ(マグネットクラッチ)を外付けして、適切なトルクで締め付けをおこなう装置

用途 : ボトルキャップの締め付け

従来の問題点

  • 締めすぎによるキャップの破損防止のために、トルクリミッタ(マグネットクラッチ)などの外付け部品が必要で、装置全体が複雑化し製作コストがかさんでいる

解決策

ブラシレスモーター BLE2シリーズ
トルク制限機能を活用し、トルクリミッタを削減

トルク制限機能を搭載したブラシレスモーター BLE2シリーズを採用することにより、トルクリミッタ(マグネットクラッチ)を削減できます。外付け部品が不要になるため、装置設計を簡易化し、製作コストを安価におさえることができます。

ブラシレスモーター BLE2シリーズ

具体的なアプリケーション例

ブラシレスモーター BLE2シリーズ トルクリミッタ(マグネットクラッチ)を削減し、シンプルな装置に

  • 電気的なトルクリミッタ「トルク制限機能」搭載

    トルク制限機能により、モーターが任意の値以上のトルクを発生しないように設定できます。

    電流を制限

    負荷状態に拘らずトルクは任意の位置で制限

  • 出力
    30W、60W、120W、200W、400W
    トルク制限設定範囲※1
    0 ~ 300 %
    制限値の設定可能点数
    16点
    トルク制限の誤差※2
    ±10%
    速度制御範囲※3
    80 ~ 4000r/min
    定価
    38,800円※4

    最大16点のトルク制限値を設定可能

    ※1
    定格トルク値を100%としたときの値
    ※2
    設定速度や電源電圧、モーターケーブル延長距離により、設定値と発生トルクの誤差が最大±10%程度(定格トルク、定格回転速度)生じます。
    ※3
    速度制御範囲が2 ~ 4000r/minのBXIIシリーズもございます。
    ※4
    出力30W 丸シャフトタイプ 単相100-120V入力/モーター、ドライバ、接続ケーブル(0.5m)を合わせた価格です。
  • 食品機械用H1グリース対応ギヤヘッドをラインアップ

    食品用キャッパーには、食品機械用H1グリースを採用したギヤヘッドがおすすめです。

    食品機械用H1グリースとは?

    NSFに「偶発的に食品に接触する可能性がある用途に使用できる潤滑剤」のカテゴリーに登録されたグリースです。

    NSF(NSF International)とは

    米国に本部を置く、公衆衛生及び環境に関わる、基準の開発、製品の認証、監査、教育、リスク管理などのグローバルサービスを提供する国際的な第三者認証機関です。

    食品機械用H1グリース対応

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る