パーツフィーダー 供給安定性改善事例

パーツフィーダー(部品供給装置)

課題

工場の電圧変動や、ワークの種類に影響されずに、
安定供給したい

工場の電圧変動や、ワークの種類に影響されずに、安定供給したい

従来の装置

三相インダクションモーターでフィーダーを振動させることでワークを一定方向に並べ、次の生産工程に送り出す装置。(速度制御にはインバータを使用)

用途 : ばねやクリップなどの整頓、供給

従来の問題点

  • 使用する時間帯や、設備使用状況による電圧変動を受け、供給速度が変化してしまう
  • 大きいワークや重いワークの場合、負荷が大きくなり、供給速度に遅れが出る
  • ワークの種類によって速度を変更したいが、微調整が難しい

解決策

ブラシレスモーター BMUシリーズ
優れた速度安定性と、1r/min単位の速度設定により
安定した供給を実現

ブラシレスモーター BMUシリーズを採用することにより、ワーク形状・重量の変化や、工場内の電圧変動に左右されない、安定した供給を実現できます。さらに、速度を1r/min単位で設定できるため、ワーク種類に合わせた細やかな速度設定が可能です。

ブラシレスモーター BMUシリーズ

具体的なアプリケーション例

優れた速度安定性と、1r/min単位の速度設定により、安定した供給を実現

  • 対負荷、対電圧、どちらにも優れた速度安定性

    フィードバック制御とPWM制御により、負荷や電圧が変動しても、安定した速度で運転することができます。

    BMUシリーズ
    一般的な三相インダクションモーター
    (汎用インバータとの組み合わせ)
    速度変動率
    ±0.2%以下
    (対負荷、対電圧)
    -10%
    (V/f制御 参考値)
  • 例えば、BMUシリーズを3000r/min、汎用インバータ制御の三相インダクションモーターを1500r/minで駆動したときの、モーター軸上の速度変動を比較します。

    三相インダクションモーター側は、150r/min程度の速度変動が生じます。対して、BMUシリーズの速度変動はたったの12r/min(±6r/min)です。

  • デジタルによる微細な速度設定

    1r/min単位で、速度を細かくデジタル設定できます。
    速度の変更は、フロントパネルのボリュームで手軽に設定できます。

    デジタルによる微細な速度設定

  • ファンレスにより、粉塵の巻上げを防止

    ブラシレスモーターは冷却ファンがないため、粉塵を巻き上げることがありません。ワークへの異物の混入・付着を防ぐことができます。

  • 幅広いラインアップで選びやすく、お求めやすく
    定格出力
    30W、60W、120W、200W、400W
    出力軸タイプ
    丸シャフトタイプ、平行軸ギヤヘッド(2種)、
    直交軸中空ハイポイドギヤ、脚取付ギヤヘッド
    速度制御範囲
    80 ~ 4000r/min※1
    定価
    25,900円※2
    ※1
    一部ギヤヘッドにより異なります。
    ※2
    出力30W 丸シャフトタイプ 単相100-120V入力/モーター、ドライバを合わせた価格です。

    幅広いラインアップで選びやすく、お求めやすく

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る