トルク制限機能によるグリッパ(ワーク把持機構)把持力改善事例

グリッパ(ワーク把持機構)

課題

ワークをしっかりと把持して搬送したい

ワークをしっかりと把持して搬送したい

従来の装置

グリッパにエアー機器を搭載し、ワークを把持して次工程に搬送する装置。

用途 : ワークの把持

従来の問題点

  • 把持力が不安定のため、ある程度の質量のワークを運ぶとき、搬送中にワークを落としてしまう

解決策

ブラシレスモーター BLE2シリーズ
トルク制限機能により、ワークをしっかり把持した状態での搬送を実現

ブラシレスモーター BLE2シリーズのトルク制限機能を活用すれば、運転の状況やワークの種類に応じて、把持力を適切に制御することができます。

ブラシレスモーター BLE2シリーズ

具体的なアプリケーション例

  • 状況に合わせた多段階のトルク制限で、ワークをしっかりと把持

    トルク制限機能により、モーターが任意の値以上のトルクを発生しないように設定できます。運転中に制限値を切り替えることができるため、グリップでワークを軽くはさんでから、じわっと把持力を上げ、しっかりつかむ、という動作を実現できます。

    トルク制限機能の制御イメージ

    低めのトルク制限値で、ワークを軽くはさみます(触れる程度)
    制限値を切り替えて、じわっと把持力を上げ、ワークをしっかりとつかみます
  • さまざまな形状のワークに対応

    BLE2シリーズでは、トルク制限値を16点設定することができます。
    ワークの種類に合わせて設定値を切り替えることで、さまざまな形状のワークに対応できます。

    出力
    30W、60W、120W、200W、400W
    トルク制限設定範囲※1
    0 ~ 300 %
    制限値の設定可能点数
    16点
    トルク制限の誤差※2
    ±10%
    速度制御範囲※3
    80 ~ 4000r/min
    定価
    38,800円※4
    ※1
    定格トルク値を100%としたときの値
    ※2
    設定速度や電源電圧、モーターケーブル延長距離により、設定値と発生トルクの誤差が最大±10%程度(定格トルク、定格回転速度)生じます。
    ※3
    速度制御範囲が2 ~ 4000r/minのBXIIシリーズもございます。
    ※4
    出力30W 丸シャフトタイプ 単相100-120V入力/モーター、ドライバ、接続ケーブル(0.5m)を合わせた価格です。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る