停止センサを使った、ベルトコンベヤでの位置決め精度改善事例

ベルトコンベヤ

課題

停止位置の精度を良くしたい

停止位置の精度を良くしたい

従来の装置

三相インダクションモーターでコンベヤを駆動し、外部センサの入力でコンベヤを停止(速度制御にはインバータを使用)

用途 : ワークの搬送

従来の問題点

  • ワークの重量や運転速度の変化により停止位置がバラつく
    (インダクションモーターのオーバーラン量が変化する)
    オーバーラン量の変化

解決策

ステッピングモーターPKPシリーズ/CVDシリーズ SCタイプ
簡単制御のまま停止精度を向上

PKPシリーズ/CVDシリーズ SCタイプは、センサ入力からの移動量が一定のため、停止位置の再現性を向上することができます。

ステッピングモーター CVDシリーズ SCタイプ

具体的なアプリケーション例

ステッピングモーター CVDシリーズ SCタイプ 簡単制御のまま停止精度を向上

  • 停止位置再現性の向上

    外部センサでモーターを停止する場合でも、同じ運転条件であれば、停止位置は変わりません。ワーク重量が変化しても、バラつきは発生しません。
    これにより、停止位置再現性が向上します。

    ねらった位置に停止

    また、通電状態には自己保持力が発生し、停止位置を保持します。

  • シンプルなシステム構成で、簡単制御

    ドライバに運転速度を設定し、運転指令を入れるだけで簡単に駆動できます。パルス発振器は不要です。

    簡単制御

  • モーターの小型・軽量化

    インダクションモーターと比べ、モーターをダウンサイジングでき、装置の小型化・軽量化に貢献します。

    【インダクションモーター 出力25WとPKPシリーズ同等品の比較】

    インダクションモーターPKPシリーズの比較

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る