ディスペンサ(注液装置)の小型化事例

ディスペンサ(注液装置)

課題

装置を小型化したい

従来の装置

ステッピングモーターとボールねじを使用した、液体を一定量・高精度に塗布する自作機構の装置。

用途 : 溶液や塗装、接着剤などの吐出

従来の問題点

  • 塗布ノズルの設置スペースに制限があり、自作機構がおさまらなくなってしまった
  • 解決策

    コンパクト電動シリンダ DRシリーズ
    モーターとボールねじの一体化でスペース削減

    ステッピングモーターとボールねじを一体化した、コンパクト電動シリンダ DRシリーズを採用することにより、自作機構に比べ、装置全長を短く設計できます。

    αSTEP

    具体的なアプリケーション例

    取付角寸法28mmのコンパクトボディ

    中空ローターとボールねじのナットを一体化し、ボールねじをモーター部に収納する構造のため、製品そのものが非常にコンパクトです。

    ※ 上記の構造図は一例です。

    連結部品に割いていたスペースを省略

    リニアガイドやカップリングなどの連結部品が不要になるため、装置全体を小型化できます。

    【ワークを同じストローク分動かす場合の構成例】


    構成
    部品数
    構成イメージ
    使用部品
    自作の場合
    9点
    ①取付板、②搬送テーブル、③リニアガイド、④カップリング、⑤固定側ブロック、⑥ボールねじ、⑦固定側ベアリング、⑧支持側ブロック、⑨支持側ベアリング
    DRシリーズ
    テーブルタイプ
    使用の場合
    1点
    ①取付板
    設置スペースに合わせた取り付けが可能

    DRシリーズは、取付方法が豊富です。限られた設置スペースを最大限活用する取付方法を選択できます。
    複数台使用する場合、密着して取り付けることも可能です。装置横幅の省スペース化にも貢献します。

    【テーブルタイプ、ロッドタイプの取付例】

    正面取付
    側面取付
    フランジを使った取り付け
    (テーブルタイプのみ)
    フートを使った取り付け

    ※ 材質 : アルミ、表面処理 : なし

  • 原点センサの設置スペースと配線を省略

    αSTEP AZシリーズ搭載タイプでは、位置情報を機械式アブソリュートセンサで検出・管理するため、機構側の原点センサが不要です。センサの設置スペース削減はもちろん、センサ配線も省略することができます。

※ DRシリーズには、αSTEP AZシリーズ搭載タイプと、PKPシリーズ搭載タイプがあります。詳細は製品ページにてご確認ください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る