ポンプ駆動音の静音化対策事例

ポンプ

課題

モーターの駆動音を小さくしたい

モーターの駆動音を小さくしたい

従来の装置

ステッピングモーターを使用した、液体を一定量・正確に吐出する装置。(モーター制御には自作ドライバを使用)

用途 : 病院内での試薬製造

従来の問題点

  • 静かな環境で使用しているため、装置の音が気になる
  • 騒音の原因となる振動を抑えるため、防振ゴムやダンパを用意する必要がある

解決策

ステッピングモーター PKPシリーズ/CVDシリーズ
専用設計ドライバで低振動・低騒音化

ステッピングモーター PKPシリーズ/CVDシリーズは、モーターの特性に合わせたドライバを採用しています。自作ドライバでは調整の難しい低振動化を、防振ゴムやダンパなしで実現し、低騒音化に貢献します。

ステッピングモーター RKⅡシリーズ

具体的なアプリケーション例

ステッピングモーター RKⅡシリーズ 停止位置の再現性を向上

  • マイクロステップ駆動を極め、低振動・低騒音をさらに追求

    全速度領域でのマイクロステップ駆動により、どの速度域でも低振動です。さらに専用設計ドライバで、モーター特性に適した振動抑制制御をおこなうため、自作ドライバ駆動の2相ステッピングモーターと比べ、駆動音がとても静かです。

5相ステッピングモーターPKPシリーズ/CVDシリーズは、さらに優れた振動特性をもっています。低騒音にこだわりたい用途に最適です。

CVDシリーズの低振動化について、テクニカルレポートを発行しています。
ドライバの制御と回路技術について、さらに詳しく知りたい場合は、テクニカルレポート RENGAをご覧ください。

  • 防振ゴムやダンパを省き、エンコーダなどの付加機能へ変換

    PKPシリーズ/CVDシリーズでは、モーターそのものを低騒音化するため、防振ゴムやダンパなどの振動対策は不要です。
    部品を省略したスペースに、位置管理用のエンコーダを設置するなど、新しい付加機能を検討することができます。

使用する機器
一般的な2相ステッピングモーター
+振動対策用の部品
PKPシリーズ エンコーダ付
外観
メリット
・ (部品による)低振動、低騒音化
・ (モーターそのものの)低振動、低騒音化
・ 現在位置のフィードバック

エンコーダー付モーターを使うことで、現在の位置のモニタや、位置ズレの検出などが可能になります。

【エンコーダ付モーターのシステム構成例】

【エンコーダ付モーターのシステム構成例】

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る