シート巻き取り装置(巻き取り部) 張力の自動調整によるシート破損・たるみ防止事例

シート巻き取り装置

課題

シートのたるみ、破損を防ぎたい(巻き取り部)

シートのたるみ、破損を防ぎたい(巻き取り部)

従来の装置

インダクションモーターを使用した、シートの製造装置の巻き取り工程。

用途 : 包装シート、テープ、フィルム、紙ロールの巻き取り

従来の問題点

  • 巻き取り径の増加による、負荷や巻き取り速度の変化がおこり、シートのたるみや破損が発生していた
  • テンションコントローラやトルク検出器をつけたかったが、コストが高いため採用できずにいた

解決策

トルクモーター TMシリーズ
巻き取りに適したモーター特性で、適切なテンションでの自動巻き取りを実現

巻き取りに求められる特性を備えたTMシリーズなら、シートを破損することなく、巻き始めから巻き終わりまで、適切なテンションで巻き取ることができます。

トルクモーター TMシリーズ

具体的なアプリケーション例

ラック・ピニオンシステムで省人化

  • 巻き取り中のトルク調整が不要

    トルクモーターは、高速時にトルクが低く、低速時にトルクが高いという垂下特性を持っています。巻き始めの負荷が軽いところは早く動き、巻き取り終盤の負荷が大きくなったら、低速でトルクをしっかりと出すことができます。

  • 安価なシステム構成を実現

    TMシリーズ(トルクモーターとパワーコントローラ)の定価は、19,300円~34,400円です。
    テンションコントローラやトルク検出器を使用するより、コストを抑えることができます。

    専用のパワーコントローラで簡単トルク設定

    トルク設定には、構成品の一つである、パワーコントローラを使用します。
    内部トルク設定器、外部トルク設定器、直流電圧制御の、3つの設定方法を選択できます。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る