グリッパ(ワーク把持機構) ワークの傷低減事例

グリッパ(ワーク把持機構)

課題

ワークを傷つけずに把持したい

ワークを傷つけずに把持したい

従来の装置

  • ワークを次工程に搬送する装置
  • エアーによるグリッパを使用

用途 : 試験管、Oリング、電子部品など壊れやすいワークの把持

従来の問題点

  • 把持力調整が難しく、ワーク破損が発生している

解決策

電動グリッパ EHシリーズ
把持力を調整することにより、ワークの傷を低減

電動グリッパ EHシリーズの運転電流を調整することで、ワークに合った把持力調整が可能です。

ブラシレスモーター BLE2シリーズ

具体的なアプリケーション例

1%単位での運転電流値調整により、デリケートなつかみを実現

  • 運転電流値の調整により、デリケートなつかみを実現

    モーターの運転電流値を変えることによって、自在に把持力を調整できます。運転電流値は、1%単位で設定できます。
    ワークの形状に合わせて、柔軟に把持力を変更できます。

    トルク制限機能の制御イメージ
    ●押し当て運転速度10mm/s以下(片側)
  • 最大256通りの把持力を設定可能

    位置決め機能内蔵タイプの場合、運転電流値は運転データごとの設定ができます。
    運転データは最大256点設定できるため、様々なワークに対応できます。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る