デジタルサイネージ 屋外設置時のブラックアウト現象対策事例

デジタルサイネージ

課題

デジタルサイネージを屋外で使用したい

デジタルサイネージを屋外で使用したい

従来の装置

  • 屋外に設置するデジタルサイネージ

従来の問題点

  • 筐体内の温度上昇によるディスプレイのブラックアウト(画面の一部が黒くなってしまう現象)を避けたい

解決策

クロスフローファン MF/MFDシリーズ
温度上昇を防止し、ブラックアウト現象のリスク
低減に貢献

ディスプレイの冷却に空気循環用のクロスフローファンを使用することで、
温度上昇を抑え、デジタルサイネージのブラックアウト現象のリスクを低減します。

クロスフローファン MF/MFDシリーズ

具体的なアプリケーション例

温度上昇を防止し、ブラックアウト現象のリスク低減に貢献


  • 幅広のファンにより、狭い空間も均等に冷却

    クロスフローファンは、コンパクトな直方体形状です。
    そのため、厚みがなく、幅が広いデジタルサイネージのような筐体に最適です。
    幅広い液晶全面を均一に冷却します。

  • ファンの状態を監視することが可能

    ファンの駆動中に1回転あたり2パルスの信号を出力するパルスセンサ付もご用意。
    パルス信号の変化を確認することで、ファンの状態を常に監視できます。
    24時間稼働が必要な場合に最適です。

    ファンの状態を監視することが可能

    製品写真はDCプロペラファンを代表例にしています。

    予知保全対策にも貢献

    異物の混入などによりファンの回転速度が低下するとアラーム信号を出力する回転低下アラーム付もご用意。
    装置に熱ダメージを与える前にファンの手配・交換が可能なため、装置トラブルの予知保全に貢献します。

    予知保全対策にも貢献

    製品写真はDCプロペラファンを代表例にしています。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る