mainimage

バッテリレス アブソリュートセンサ搭載 αSTEP AZシリーズ miniドライバ

ボックス型のドライバよりさらに小型・軽量の、ネットワーク対応ドライバです。
バッテリ電源にも対応しています。AZシリーズ DC電源入力のモーターと、それらを搭載している電動アクチュエータを接続できます。

* EtherCAT®はBeckhoff Automation GmbH(ドイツ)よりライセンスを受けた特許取得済み技術であり、登録商標です。

* Modbus(RTU)は、Schneider Automation Inc. の登録商標です。

  • DC入力
  • 小型・軽量
  • バッテリ駆動
  • FAネットワーク
  • Modbus(RTU)
  • 省配線・省スペース
  • CEマーキング
  • カタログ
  • 取扱説明書

mobi

バッテリ駆動・小型軽量を共通コンセプトとする、モバイルオートメーション対応製品です。詳細はこちら。

品名の見方はこちら

miniドライバには、「自走装置に組み込む」「据え置き装置に組み込む」という2種類の用途があります。
気になる用途例のイラストをクリックしてください。それぞれの用途に合わせて、miniドライバの特徴をご紹介します。

主な特徴 ― 自走装置に組み込む場合

自走装置内の限られたスペースにも無理なく設置

miniドライバは、ちょっとした隙間スペースに入り込める小型設計です。

ドライバ種類
品名
寸法
EtherCAT ドライブプロファイル対応
AZD-KRED
69mm×56mm×30mm
RS-485通信タイプ
AZD-KR2D
47mm×53mm×24mm

限られたスペースにも無理なく設置

ねじ2本で装置に直接取り付け可能

DINレールなしで取り付けできます。

装置に直接取り付け可能

車輪駆動軸の負荷を削減

miniドライバは、質量56gです。Mサイズの卵1個分に相当します。装置の総質量が軽くなるほど、車輪駆動軸の消費電力が少なくなります。そのため、充電1回当たりの駆動時間を長くすることができます。

質量56g

車輪駆動軸の負荷を削減

※ AZD-KREDの質量は110gです。

バッテリ電源に対応

バッテリ電源で使用できる、ワイドな電源電圧仕様です。DC24VとDC48Vに対応しています。動作可能電圧の範囲は以下の通りです。

DC24Vで使用する場合

DC24Vで使用する場合

※ 電磁ブレーキ付モーターの場合は、DC22.8~32Vです。

DC48Vで使用する場合

DC48Vで使用する場合

最適な電流制御で消費電力を削減

負荷状況に合わせてモーターへの供給電流を最適化する、サーボエミュレーションモードを搭載しています。負荷が小さいときはモーターへの供給電流を減らすため、消費電力が少なくなります。そのため、充電1回あたりの駆動時間を長くできます。

ワークが重いとき

ワークが重いときは定格電流値で運転

ワークが軽いとき

ワークが軽いときは電流値を必要最低限に調節

負荷状況に応じて供給電流を減らすため、バッテリの持続時間が長くなります。結果、充電回数を削減できます。

定格電流値で
常時運転する場合
定格電流
サーボエミュレーション機能で
電流値を調節する場合
定格電流

電源電圧の見える化でバッテリ残量の不足を防止

上位制御機器から、ドライバの電源電圧をモニタできます。

電源電圧モニタ

ドライバの電源電圧の値をリアルタイムに出力する機能です。

電源電圧モニタ

不足電圧インフォメーション

あらかじめ設定した閾値に対して、ドライバの電源電圧が下回ったとき信号を出力する機能です。

不足電圧インフォメーション

外部センサ不要で省配線化

AZシリーズは、外部センサ、および、外部センサに関連する配線が一切不要です。外部センサや配線がなくなることで装置の小型化、軽量化に貢献します。また、配線に要する作業時間を削減できます。

外部センサを使用する場合の配線イメージ

外部センサ有

AZシリーズのモーターには、機械式バッテリレスアブソリュートセンサ(ABZOセンサ)が搭載されています。外部センサなしでの高精度位置決めを実現します。

ABZOセンサ

ネットワークで装置全体を一元管理

ネットワーク上からの直接制御が可能です。装置情報を一元管理し、省配線に貢献します。

ネットワークで装置全体を一元管理

  • EtherCAT ドライブプロファイル対応ドライバは、公式なEtherCATコンフォーマンステストに合格しています。
  • RS-485通信タイプは、別売のネットワークコンバータ(ゲートウェイ)を併用すると、CC-Link、MECHATROLINKによる制御が可能です。

主な特徴 ― 据え置き装置に組み込む場合

場所を選ばず、どこにでも設置可能

miniドライバは、ちょっとした隙間スペースに入り込める小型設計です。

ドライバ種類
品名
寸法
EtherCAT ドライブプロファイル対応
AZD-KRED
69mm×56mm×30mm
RS-485通信タイプ
AZD-KR2D
47mm×53mm×24mm

限られたスペースにも無理なく設置

ねじ2本で装置に直接取り付け可能

DINレールなしで取り付けできます。

装置に直接取り付け可能

外部センサ不要で省配線化

AZシリーズは、外部センサ、および、外部センサに関連する配線が一切不要です。外部センサや配線がなくなることで装置の小型化、軽量化に貢献します。また、配線に要する作業時間を削減できます。

外部センサを使用する場合の配線イメージ

外部センサ有

AZシリーズのモーターには、機械式バッテリレスアブソリュートセンサ(ABZOセンサ)が搭載されています。外部センサなしでの高精度位置決めを実現します。

ABZOセンサ

ネットワークで装置全体を一元管理

ネットワーク上からの直接制御が可能です。装置情報を一元管理し、省配線に貢献します。

ネットワークで装置全体を一元管理

  • EtherCAT ドライブプロファイル対応ドライバは、公式なEtherCATコンフォーマンステストに合格しています。
  • RS-485通信タイプは、別売のネットワークコンバータ(ゲートウェイ)を併用すると、CC-Link、MECHATROLINKによる制御が可能です。

最大10mの接続ケーブルで、ドライバ設置の自由度を向上

モーター・ドライバ間に使用する接続ケーブルは、0.5m/1m/3m/5m/10mから選択できます。モーターとドライバの距離が近い場合は1m以下のケーブルが、モーターとドライバの距離が遠い場合は3m以上のケーブルが役立ちます。
(可動接続ケーブルもございます。)

モーターとドライバの距離が遠い場合

モーターとドライバの距離が遠い場合

3m以上の長いケーブルがおすすめ(最大10mまで)

モーターとドライバの距離が近い場合

モーターとドライバの距離が近い場合

0.5mや1mの短いケーブルがおすすめ

バリエーション・仕様


インターフェース
ドライバタイプ
電源入力
AZD-KR2D
EtherCAT
EtherCAT ドライブプロファイル対応
DC24/48V
AZD-KR2D
Modbus(RTU)
RS-485通信タイプ
DC24/48V

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る