充実の教育制度

オリエンタルモーターでは、お互いに学びながら育っていく「共育」という考え方をもとに、教育制度を設けています。
「業績の向上」と「社員の幸せ」をともに達成することが、社員教育の原点。
入社後は、自ら考え課題を解決する「研究会」を実施して、1人ひとりの成長とスキルアップを目指します。

新社員教育では、ビジネスの基礎、生産実習(モノづくり実習)、製品勉強会、OJTなどを通じて、成長のサポートをしています。

新社員教育プログラム

教育制度

福利厚生

オリエンタルモーターで働くすべての人たちが、働きやすいように。さまざまな活動に取り組んでいます。

会社の規程に準じた物件(アパートやマンション等)を借上社宅として、社員に住まいとして提供する制度です。
家賃の一定額を自己負担するだけで、自分で住宅を借りるよりも安価で住むことができます。

男女問わず、出産後から一定期間、育児のために休業できる制度です。
期間は原則1歳までですが、保育所などに入所できないなどの理由で、最長2歳まで休業期間を延長することができます。

安心して老後の生活を送るために、現役時代から給与の一部を拠出して少しずつ備える、自分で育てる年金が「確定拠出年金制度」です。オリエンタルモーターでは、拠出するかどうか自分自身で判断するため「選択制」となっています。

JTBベネフィットが提供する会員専用の福利厚生サービス「えらべる倶楽部」を利用することができます。
国内・海外旅行、レジャー、スポーツクラブやスキルアップなど、毎日の生活や休日をお得に楽しむことができます。

ワークライフバランスへの取り組み

2020年度の育児休業取得率

プラチナくるみん認定企業
くるみん認定企業のうち、より高い水準で仕事と子育ての両立支援に取り組んだ企業が、一定の要件を満たした場合、プラチナくるみん認定を受けることができます。優良な「子育てサポート」企業として厚生労働大臣の認定を受けた証です。

健康経営の推進

社員の健康管理を経営的な視点で捉え、戦略的に取り組む健康経営を推進しており、2022年3月に経済産業省が主催する「健康経営優良法人」(大規模法人部門)に昨年に引き続き2年連続で認定されました。
※健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。

平均残業時間と有給取得