PERSON

つくるを支える、
確かな価値を。

購買

2019年入社/経済学部 経済学科卒

佐藤 菜々

01 / 04

新しい「動き」を創る

購買担当者は、
モノづくりの一員だ。

ご注文いただいた製品を約束した納期にお届けするため、必要なときに必要なだけ、最適な価格で部品を購入し、生産体制を整える。それが、私たち購買担当のミッションです。土浦事業所では、製品ごとに部品調達の担当を決め、1人ひとりが責任の大きな仕事に向き合っています。私が担当するのは、モーターとドライバの部品調達。日常業務として、部品の発注業務や納期調査・在庫管理・取引先との交渉・調整などを行っています。他にも、新製品の立ち上げや廃止業務・生産移管・設計変更・計画発注なども行い、業務は多岐にわたります。オリエンタルモーターの購買は、「言われたモノや足りないモノを買う」だけに留まりません。立ち上げから終息まで、製品のライフサイクルに向き合っているのです。

私が大切にしているのは、実際に現場に足を運ぶこと。メールや電話でのやり取りは確かに効率的ですが、現場に足を運ぶことで、「どのように製品がつくられているか」「どのくらい生産に負荷がかかるのか」を知ることができますし、他部署や取引先の方との信頼関係を構築することもできます。購買は、淡々と業務をこなす裏方ではなく、モノづくりをするチームの一員だと思っています。

02 / 04

仕事の面白さ

自らの仕事が、
製品になって表れる。

何よりもやりがいを感じるのは、自らが関わった製品が完成した瞬間です。特に印象に残っているのは、入社2年目に経験した新製品の立ち上げプロジェクトです。その製品は、業界最小のステッピングモーター。短納期での立ち上げが期待される中で、取引先であるサプライヤーと何度も交渉を重ねました。納期・コスト・品質・デリバリーなどさまざまな要素を頭に入れ、満足のいく部品を提供する。数々の苦労がありましたが、自分の携わった業務がカタチになったときには、世の中に動きをもたらしていることを実感することができました。

03 / 04

モノづくりへの思い

強い購買部として、
会社の成長に貢献したい。

オリエンタルモーターは「モーターメーカーからモーションシステムメーカーへの進化」を目指して、さまざまな改革に着手しているところです。製造業界が世界的な部品供給難に見舞われる中、私たちが「できない」と言っているようでは、お客様のニーズに応えることはできません。だからこそ、私は外部環境に左右されない、強い購買体制づくりに貢献したいと思っています。たとえ、供給難であっても、市場の動向を把握し、想像力を働かせることができれば、納期・価格・品質面で満足のいくものを常に提供することができるはず。「今、あの製品が売れているから、部品を早めに確保しておこう」「在庫の持ち方や購入方法を工夫してみよう」と常に考え、アクションを起こすことで、どのような変化にも迅速に対応できると思っています。

04 / 04

挑戦したいこと

あこがれを追いかけて、
理想の自分になりたい。

課内業務をすべて把握し、業務リーダーとして周囲をサポートしていける存在になりたい。それが、私の目標です。今はまだ経験も知識も不足していますが、あこがれの先輩の背中を追い、学び続けることで、理想の自分になりたいと思っています。そのためには、やはり挑戦し続けること。新規取引先の開拓や新規購買システムの立ち上げなど、さまざまなことにチャレンジしていきたいですね。

MY PRIVATE

国内外問わず、旅行が好きです。ちょっとした休暇があれば友人と旅行に出かけ、その土地ならではの美味しい食べ物や景色を楽しんでいます。特に印象に残っているのはバリ島。自然豊かで、現地の人々もあたたかく、最高に素敵な国でした。

MY CAREER

1年目

Step 01
購買部 購買課に配属

地元である茨城県でキャリアをスタート。面倒見のよい先輩方に囲まれ、責任ある仕事を任されている。

NEXT
製造現場から、
モノづくりの「変革」を担う。