TALK SESSION
若手社員座談会

1人ひとりの挑戦が、
新たな「動き」を創り出す。

自由闊達。面倒見がいい。素晴らしい人と風土のもとで、新たな価値に挑戦する。躍動する若手社員たちが、オリエンタルモーターの魅力と自らの仕事を語ります。

技術

2019年入社/
理工学研究科
量子線科学専攻卒

中川 真惟子

営業

2019年入社/
文学部
教育学科卒

平野 一希

営業

2019年入社/
人間社会学部
人間社会学科卒

清水 彩美

01 / 03

オリエンタルモーターの人は
あたたかくて、面倒見がよい。

まずは、それぞれが感じる、オリエンタルモーターの魅力を教えてください。

清水

最大の魅力は、やはり、「人」ですね。「長く安定して働ける会社に入社したい」と思って就職活動をしていたのですが、あたたかく、面倒見のいい先輩方に強く惹かれました。同じ場所で、長い時間を過ごすにあたって人間関係はとても重要です。この人たちと接することで、多くを学び、成長できる。自分自身もチームの一員として、貢献していきたい。そう確信できました。

中川

学生時代に学んだことを活かして、モノづくりに携わることができる。エリア採用で、慣れ親しんだ地元で働き続けることができる。女性の技術者が多く活躍している。求める条件を満たしていたことはもちろんでしたが、私も「人」が決め手でした。とにかく面倒見のいい人ばかりで、仕事場でも「わからないことはない?」といろいろな方が話しかけてくれるんです。

平野

私は「若いうちから海外駐在を経験できる」「世の中の発展に必要不可欠なモーターという商材」に惹かれましたが、最後の決め手は、やはり人。人事担当の皆さんや、営業の先輩方の人柄は大きな魅力でしたね。実際に仕事を始めてからも、親身なサポートのおかげで順風満帆なスタートを切ることができたと思っていますよ。

02 / 03

任されるから、成長できる。
未来を拓く、それぞれの挑戦。

風通しがよく、あたたかな風土が醸成されている一方で、1人ひとりの社員に裁量を与え、仕事を任されると伺っています。

清水

特に印象に残っているのは、オンライン接客の実施数向上に向けた取り組みを任されたことです。私が所属するお客様ご相談センターは、製品を使用するお客様の困りごとに応えるチーム。電話での問い合わせはもちろん、ショールームでの接客も担当しています。昨今のコロナ禍で、お客様にショールームへの来場を控えていただくことになったのですが、代替として導入したオンライン接客の利用者が伸びず、その改善を任されました。何度もヒアリングを重ね、原因を究明し、お客様や関係部署への周知を図り、実施体制の見直しを実行した結果、件数を増やすことができました。責任ある仕事を任され、その期待に応えられたことは大きな自信につながっています。

中川

私は、製品の設計変更業務を担当しています。これまでのキャリアの中でも、入社2年目に任された金型の更新業務は大きなチャレンジでした。製品に用いる部品の金型を改善し、製品の品質向上、製造時間の短縮を目指すプロジェクトでした。特に苦労したのは、金型の設計変更をすることで、組立時に部品と治具がぶつかってしまう問題が発生したこと。1から設計に携わったのも初めてでしたし、右も左もわからない。そうした中で、先輩方のアドバイスやサポートを受けながら、何とかミッションを完遂することができたんです。金型の更新業務は、5年に一度、行われるかどうかという責任の重い仕事。こうしたチャンスを与えていただいたことを心から感謝しています。

平野

私たち営業担当は、製品の提案を通じてお客様の課題を解決するソリューション営業を行います。どのような業種のお客様に対して、どのような提案をするのか。裁量も大きく、個々の意志やアイデアを尊重してもらえる環境で、のびのびと仕事ができています。特に印象に残っているのは、入社1年目に担当したとある大手メーカーのお客様。ベテランの技術者で、提案に対する指摘も厳しく、最初はほとんど相手にしていただけないような状況でしたが、「自分にできることは全部しよう!」と何度もお客様を訪問しました。いくつもの提案を重ねた結果、取引を拡大することができたんです。現在は、部署を異動になりましたが、その担当者の方からは今でもご連絡いただくことがあります。「一生の絆」を築くことができた。自らの仕事に、誇りを感じるきっかけになりましたね。

03 / 03

その挑戦を、
成長をチームの力に。

今後の目標や夢を教えてください。

中川

何にでも興味を持ち、疑問を解決する姿勢を忘れない。そうすることで知識・技能を高め、頼られる設計者に成長したいと思っています。これまでは先輩方に支えられてきましたが、後輩が配属されたことで、今後は私が支えていく立場になりました。後輩の仕事を見て、アドバイスをしていると、今まで自分が疑問に思わなかったこと、知識の曖昧さに気づかされます。これをさらなる成長の機会と捉え、初心を忘れず、チームに貢献していきたいと考えています。

清水

私も同じです。さまざまな経験をさせていただく中で、自らの成長はもちろん、チームの成長に貢献できる人になりたいと考えるようになりました。今はまだ自分のことで精一杯ですが、広い視野をもって仕事に向き合い、チームをまとめ、成長させられるようになりたいです。ショールームの担当や、昼ミーティングの進行など、中心となって進める業務も増えてきていますので、周りを巻き込むことを意識し、さらなる価値を生み出していきたいですね。

平野

現在は、部署を異動となり、販売店(商社)と連携したパートナー営業をマネジメントするミッションに向き合っています。自分で動くのではなく、人に動いてもらう。新しい仕事に戸惑いと難しさを感じていますが、ここでもしっかりと成果を出し、いずれは海外駐在に挑戦したいと思っています。海外で結果を残し、現地の営業マンやお客様から信頼を獲得することは、オリエンタルモーターを飛躍させることに直結します。そして、私自身も世界の様々な国や地域でビジネスをすることで、知識面・精神面共に成長できると思っています。リーダーシップを生かし、チームや会社から頼りにされるような人材になりたいものですね。

NEXT
「カーボンニュートラル」を
新たな製品コンセプトに。