ロッドタイプ、ガイドなしタイプの取り付けについて

取り付けについての詳細は、取扱説明書をご覧ください。

ロッドタイプの取り付けについて

DRシリーズ

設置には心出しが必要です

ロッドタイプは、必ずボールねじの軸心と負荷が移動する方向の心合わせをしてください。 設置方法に合わせて心出しシャフトを製作してください。

運転には回り止めが必要です

ロッドタイプは、ボールねじの回り止めがないと空転してしまい、運転できません。 ガイドレールや可動プレートなどの回り止め機構を必ず設けてください。

ガイドなしタイプの取り付けについて

DRS2シリーズ/DRLⅡシリーズ

設置には心出しが必要です

シャフトを製作し、ボールねじの軸心と負荷が移動する方向の心合わせをしてください。

運転には回り止めが必要です

ガイドなしタイプは、ボールねじの回り止めがないと空転してしまい、運転できません。 ガイドレールや可動プレートなどの回り止め機構を必ず設けてください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る