取り付けについて 中空ロータリーアクチュエータ

中空ロータリーアクチュエータの設置

<対象>

DGⅡシリーズ

設置場所

アクチュエータは、機器組み込み用に設計、製造されています。風通しがよく、点検が容易な場所に設置してください。
設置場所の詳細は、取扱説明書をご確認ください。

設置方法

アクチュエータの設置方向に制限はありません。振動防止を考慮し、できるだけ強固な金属面に確実に取り付けてください。
設置方法の詳細は、取扱説明書をご確認ください。

DGM60の設置方法

AZシリーズ搭載 DGM60は、エンコーダ(ABZOセンサ)が磁気の影響を受けやすいため、設置場所にご注意ください。 モーターを並べて設置する場合は、水平・垂直方向へ、取り付ける相手方モーターの大きさ(取付角寸法)以上の距離を確保してください。

取付板が切り欠き加工の場合

DGM60取付板が切り欠き加工の場合

取付板の下側から設置する場合

DGM60取付板の下側から設置する場合

取付板が貫通加工の場合

DGM60取付板が貫通加工の場合

DGM85、DGM130、DGM200の設置方法
取付板が切り欠き加工の場合

DGM130取付板が切り欠き加工の場合

取付板が貫通加工の場合

<ケーブル引出方向が下方向のアクチュエータを設置するとき>

DGM130取付板が貫通加工の場合_ケーブル下

<ケーブル引出方向が右方向/左方向のアクチュエータを設置するとき>

DGM130取付板が貫通加工の場合_ケーブル右左

DGB85、DGB130の設置方法

DGB85取付板が貫通加工の場合_ケーブル右左

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る