取り付けについて
αSTEP/ステッピングモーター

ドライバの設置

設置場所

ドライバは、機器組み込み用に設計、製造されています。風通しがよく、点検が容易な場所に設置してください。
設置場所の詳細は、取扱説明書をご確認ください。

設置方法

設置方法の詳細は、取扱説明書をご確認ください。

AC電源入力タイプ

<対象>

AZシリーズ

ARシリーズ

RKⅡシリーズ

ドライバは、空気の対流による放熱や、筐体への熱伝導による放熱を前提として設計されています。熱伝導効果が高い、平滑な金属板(材質:アルミニウム、200×200×2mm相当)に取り付けてください。

重要

ドライバは汚損度2またはIP54以上の筐体内に設置してください。
ドライバの周囲には、発熱量やノイズが大きい機器を設置しないでください。
ドライバは、コントローラや他の熱に弱い機器の下側に設置しないでください。
ドライバの周囲温度が55℃を超えるときは、ファンで冷却したり、ドライバ間に空間を設けるなど、換気条件を見直してください。
ドライバは、必ず垂直(縦位置)に設置してください。
DC電源入力タイプ

<対象>

AZシリーズ

ARシリーズ

CRKシリーズ 位置決め機能内蔵タイプ

ドライバはDINレール(レール幅35mm)に取り付けてください。

<対象>

AZシリーズ miniドライバ

ドライバは耐熱性にすぐれた金属板に設置してください。

<対象>

AZシリーズ 多軸ドライバ

ドライバの設置方法には、DINレール(レール幅35mm)への取り付けと、ねじを使った取り付けの2種類あります。

<対象>

CVDシリーズ

CRKシリーズ パルス列入力タイプ

ドライバは耐熱性にすぐれた金属板に設置し、垂直または水平に固定してください。これ以外の設置方法だとドライバの放熱効果が低下します。

重要

ドライバは筐体内に設置してください。
発熱量やノイズが大きい機器を周囲に設置しないでください。
ドライバの周囲温度が50℃(CRKシリーズは40℃)を超えるときは、換気条件を見直してください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る