技術データ
αSTEP/ステッピングモーター

ステッピングモーター(αSTEPを含む)のドライバ発熱量

各シリーズの代表ドライバ1台を使い、運転時と停止時の発熱量測定した、ドライバ発熱量(参考値)を以下に示します。

AZシリーズ

ドライバ
モーター
ドライバ発熱量 [W]
運転時
停止時
AZD-A□、AZD-C□
AZM46
12
9
AZM48
13
10
AZM66
14
11
AZM69
17
11
AZM98
19
12
AZM911
21
13
AZD-K□(DC24V入力時)
AZM14
3
2
AZM15
3
2
AZM24
4
3
AZM26
4
3
AZM46
4
3
AZM48
6
3
AZM66
6
3
AZM69
6
3
AZD-K□(DC48V入力時)
AZM46
4
3
AZM48
6
4
AZM66
7
4
AZM69
7
4
□には、空欄またはドライバタイプを表すアルファベットが入ります。

ARシリーズ

ドライバ
モーター
ドライバ発熱量 [W]
運転時
停止時
ARD-A□、ARD-C□、ARD-S
ARM46
13
11
ARM66
16
13
ARM69
19
13
ARM98
20
14
ARM911
22
14
ARD-K□(DC24V入力時)
ARM14
3
2
ARM15
3
2
ARM24
3
2
ARM26
3
2
ARM46
4
3
ARM66
7
3
ARM69
7
3
ARM98
7
3
ARD-K□(DC48V入力時)
ARM46
5
3
ARM66
8
4
ARM69
8
4
ARM98
8
4
□には、空欄またはドライバタイプを表すアルファベットが入ります。

RKⅡシリーズ

ドライバ
モーター
ドライバ発熱量 [W]
運転時
停止時
RKSD503-A□、RKSD503-C□、RKSD503M-A、RKSD503M-C
PKE543、PKE544、PKE545
12
9
RKSD507-A□、RKSD507-C□、RKSD507M-A、RKSD507M-C
PKE564、PKE566、PKE569、PKE596、PKE599、PKE5913
18
12
□には、空欄またはドライバタイプを表すアルファベットが入ります。

PKPシリーズ/CVDシリーズ (2020年6月12日にCVKシリーズから名称を変更しました)

ドライバ
モーター
ドライバ発熱量 [W]
パルス列入力タイプ
RS-485通信タイプ
運転時
停止時
CVD205□-K
CVD2BR-KR
CVD2B-KR
PKP213D05■
1
1
CVD206□-K
PKP214D06■
1
1
CVD215□-K
PKP233D15■
2
2
CVD223□-K
PKP233D23■
3
2
CVD223F□-K
PKP243D23■2
3
2
CVD228□-K
PKP264D28■2
4
2
CVD242□-K
PKP264D42■2
5
2
CVD245□-K
PKP296D45■
6
2
CVD503□-K
CVD5BR-KR
CVD5B-KR
PK523P■
1
1
CVD507□-K
PK543N■W
2
1
CVD512□-K
PKP523N12■
2
2
CVD514□-K
PK564N■W
3
2
CVD518□-K
PKP543N18■2
4
2
CVD524□-K
PKP564FN24■2
5
2
CVD528□-K
PKP564N28■2
5
2
CVD538□-K
PKP564FN38■2
8
3
□には、空欄またはドライバタイプを表すアルファベットが入ります。
■には、モーター軸タイプを表すアルファベットが入ります。

関連情報

発熱が気になる制御盤内部の換気・冷却には制御盤ファンユニットが最適です。
ファンと周辺機器(カバー、フィルターメディア、フレーム、フィンガーガード)を一体化しているため、選定・手配・取り付け・メンテナンスが
簡単です。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る