コンデンサ

当社の単相電源用ACモーターはすべてコンデンサランモーターです。コンデンサランモーターは主巻線と補助巻線が電気角で90°極軸を異にして巻かれています。コンデンサはこの補助巻線に直列に接続され、補助巻線に流れる電流位相を進ませるはたらきをします。
モーターには、JIS C 4908電気機器用コンデンサで規定された蒸着電極コンデンサが主に使われます。このタイプのコンデンサは、素子に金属蒸着されたプラスチックフィルムが使われており、自己回復作用があるため、一般的にはSH(Self Healing)コンデンサとも呼ばれています。

容量

コンデンサの容量を間違えると、モーターの振動や発熱が異常に大きくなったり、トルクが低下して運転が不安定になったりします。必ずモーターに付属のコンデンサをご使用ください。コンデンサの容量は、μF(マイクロファラッド)の単位で表します。

定格電圧

定格電圧を超えて使用した場合、コンデンサが破損し発煙・発火に至る場合があります。必ずモーターに付属のコンデンサをご使用ください。コンデンサの定格電圧は、V(ボルト)の単位で表します。コンデンサの定格電圧はコンデンサケース表面に表示されています。モーター自体の定格電圧とは異なりますのでご注意ください。

定格通電時間

定格通電時間は、コンデンサの定格負荷、定格電圧、定格温度、定格周波数で動作されたときの設計上の最低寿命です。40,000時間が目安となります。寿命末期でコンデンサが破損した場合、発煙・発火に至る場合があります。定格通電時間を目安に交換されることをおすすめします。
コンデンサに異常が発生した際、装置に影響が及ばないよう、別途保護策をご検討ください。

保安機構付コンデンサ

コンデンサに万一絶縁破壊が生じた場合でも、コンデンサを安全に回路から切り離し、発煙・発火を防止する機能を備えた保安機構付タイプがあります。当社の製品には、UL 810の故障電流試験10,000Aを満足したUL規格認定の保安機構付コンデンサを採用しています。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る