コンパクト電動シリンダの押し当て原点復帰運転

押し当て原点復帰運転は、メカ限界位置とセットカラーが押し当たった位置を基準とする原点復帰方法です。
セットカラーがモーター側に進むときだけ使用できます。

<対象>

DRシリーズ
DRS2シリーズ

押し当て原点復帰の動作

1.
押し当て原点復帰運転を開始すると、可動部がメカ限界位置の方向へ移動。
押し当て原点復帰の動作1
2.
セットカラーがメカ限界位置に押し当たる。
押し当て原点復帰の動作2
3.
反転し、パラメータで設定した距離だけ動いて停止。
押し当て原点復帰の動作3

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る