ラジアル荷重の計算式

ラジアル荷重は次の式で算出できます。

ラジアル荷重の計算式

W

ラジアル荷重[N]

K

駆動方法による荷重係数(下表)

T

ギヤヘッド出力軸における負荷トルク[N·m]

f

サービスファクタ

γ

歯車、プーリ等の有効半径[m]

駆動方法による荷重係数(K

駆動方法 K
チェーン・歯付ベルト 1
歯車 1.25
Vベルト 1.5
平ベルト 2.5

サービスファクタ(f

負荷の種類 ファクタf
一様負荷

・一方向連続運転

・ベルトコンベア、フィルム巻き取り等の負荷変動の少ない駆動

1.0
軽衝撃

・頻繁な起動・停止

・カム駆動、ステッピングモーターによる慣性体の位置決め制御等

1.5
中衝撃

・レバーシブルモーターの頻繁な瞬時正逆運転および起動・停止

・ACモーターのブレーキパックによる頻繁な瞬時停止

・ブラシレスモーター・サーボモーターによる頻繁な瞬時起動・停止

2.0

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る