許容慣性モーメント(J)

ギヤヘッドに連結されている慣性モーメントが大きい場合、頻繁な断続運転の起動時(または電磁ブレーキおよびブレーキパックによる停止時)に、瞬間的に大きなトルクが発生します。 この衝撃負荷が過大であると、ギヤヘッドおよびモーターの破損につながる場合があります。

組み合わせるモーターの特性に合わせ、ギヤヘッド出力軸における許容慣性モーメントを示しています。 頻繁な断続運転によって衝撃負荷が発生するような場合には、許容慣性モーメント内の負荷であっても、起動/停止の回数は200万回を目安にしてください。

GNギヤ、BHシリーズなど、組み合わせモーターでの許容慣性モーメントの値がない場合は、以下の式で算出できます。

ギヤヘッドの許容慣性モーメント

減速比1/3~1/50の場合 JG = JM × i2

減速比1/60以上の場合 JG = JM × 2500

JG
:ギヤヘッド出力軸許容慣性モーメント J(×10-4kg·m2
JM
:モーター軸許容慣性モーメント J(×10-4kg·m2
i
:減速比(例:減速比1/3 の場合 i=3)

上式では、減速比1/60以上では、部品の設計強度より、慣性モーメントが制限されることを意味していますが、 一般的には、ギヤヘッドで減速することで、ギヤ出力軸上の慣性モーメントは、モーター軸における慣性モーメントの減速比の二乗倍大きくなります。 つまり、減速することで、大きな慣性モーメントを駆動することができるようになります。

モーター軸における許容慣性モーメント

取付角寸法 出力(W) モーター軸における許容慣性モーメント
J(×10-4kg·m2
42mm角 1W、3W 0.016
60mm角 6W 0.062
70mm角 15W 0.14
80mm角 25W 0.31
90mm角 40W 0.75(1.1)
60W 1.1
90W 1.1
104mm角
110mm角
120mm角
200W 2

( )内はKⅡシリーズを使用した場合の値です。

ご注意

ACモーター(三相電源)との組み合わせでは、瞬時正逆運転をおこなわないでください。 モーターの起動トルクが大きいため、早期破損の原因となります。
回転方向を変更する際には、一旦停止してから逆転するようにしてください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る