電動スライダ・電動シリンダの寿命

電動スライダ・電動シリンダの寿命は一般的に、ボールねじ、ガイド、ボールベアリングの転がり寿命に左右されます。ボールの転動面や転動体に繰り返し応力が作用すると、材料の転がり疲れによるフレーキング(金属表面がうろこ状に剥離する現象)が起こります。
転がり寿命とは、このフレーキングが発生するまでの寿命をいいます。
製品の寿命を求める目安として最大仕様(最大搬送質量、最高速度、負荷モーメントなど)条件で運転した場合の期待寿命を算出しています。

各シリーズの期待寿命距離目安
シリーズ
リード12mm
リード6mm
リード3mm
EASシリーズ
5000km
3000km
1500km
EZSシリーズ
(クリーンルーム対応含む)
5000km
3000km
EACシリーズ
5000km
3000km
1500km
シリーズ
リード30mm
リード20mm
EZSHシリーズ
20000km
20000km

電動スライダ/電動シリンダ(シャフトガイド付)のガイド部の期待寿命距離は、各シリーズの寿命を目安に設計しています。
しかし、負荷モーメント判定式が1を超えた場合、その使用状態では期待寿命距離を下回ります。
どの程度の期待寿命距離になるかは、下記の計算式で確認できます。
負荷モーメントの計算は、「負荷モーメントの計算について」をご参照ください。

期待寿命距離は製品によって異なります。詳細は上記の表をご確認ください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る