選定方法

負荷モーメントの計算

負荷モーメントについて

以下製品でワークを搬送する場合、テーブル中心よりワークの重心の位置がオフセットしているとリニアガイドに負荷モーメントが作用します。

DRシリーズ テーブルタイプ、ワイドテーブルタイプ/DRS2シリーズ ガイド付タイプ
DRシリーズ ガイド付ロッドタイプ
DRLⅡシリーズ ガイド付タイプ、テーブル付タイプ

作用方向はオフセットの位置によりピッチング(MP)、ヨーイング(MY)、ローリング(MR)方向に作用します。

・DRシリーズ テーブルタイプ、ワイドテーブルタイプ/DRS2シリーズ ガイド付タイプの負荷モーメント

図は、DRS2シリーズ ガイド付タイプです。

DRS2シリーズ、DRSシリーズ ガイド付タイプの負荷モーメント

・DRシリーズ ガイド付ロッドタイプの負荷モーメント

DRシリーズ ガイド付タイプの負荷モーメント

・DRLⅡシリーズ ガイド付タイプの負荷モーメント

DRL2シリーズ ガイド付ロッドタイプの負荷モーメント

・DRLⅡシリーズ テーブル付タイプの負荷モーメント

DRL2シリーズ テーブル付タイプの負荷モーメント

選定した電動アクチュエータが搬送質量、位置決め時間を満足していても、ワークの重心の位置がテーブルの中心から張り出している場合、負荷モーメントによって走行寿命が低下することがあります。 負荷モーメントの計算をおこない、条件が仕様値内に入っていることを確認する必要があります。
※垂直方向は、モーメント計算のテーブルの中心位置が変わります。

ワークや荷重の掛け方から、使用するコンパクト電動シリンダにかかる負荷モーメントを求め、許容モーメント(最大負荷モーメント)を超えないことを確認し強度が充分なことを確認します。

・DRシリーズ テーブルタイプ、ワイドテーブルタイプ/DRS2シリーズ ガイド付タイプ

※DRシリーズ ガイド付ロッドタイプは、こちらのページをご確認ください。

図は、DRS2シリーズ ガイド付タイプです。

DRシリーズ テーブルタイプ、ワイドテーブルタイプ/DRS2シリーズ ガイド付タイプ

・DRLⅡシリーズ ガイド付タイプ

DRL2シリーズ ガイド付タイプ

・DRLⅡシリーズ テーブル付タイプ

DRL2シリーズ テーブル付タイプ

● 負荷モーメント判定式:

張り出すワークなどが複数ある場合は各ワークからモーメントの和で判定します。

●ワークが複数(n個)の時

負荷モーメントが作用する考え方

停止中、動作中に負荷モーメントが作用する場合、加速度を加味し、動的、静的モーメントを確認し、許容モーメント(最大負荷モーメント)と比較してください。

・DRシリーズ テーブルタイプ、ワイドテーブルタイプ/DRS2シリーズ ガイド付タイプ

※DRシリーズ ガイド付ロッドタイプは、こちらのページをご確認ください。

図は、DRS2シリーズ ガイド付タイプです。

DRシリーズ テーブルタイプ、ワイドテーブルタイプ/DRS2シリーズ ガイド付タイプ

上記で求めた負荷モーメントに対する許容モーメント(最大負荷モーメント)の負荷率が1以上になった場合、動作不良や寿命低下の原因になります。

・DRLⅡシリーズ ガイド付タイプ

DRLIIシリーズ ガイド付タイプ

上記で求めた負荷モーメントに対する許容モーメント(最大負荷モーメント)の負荷率が1以上になった場合、動作不良や寿命低下の原因になります。

・DRLⅡシリーズ テーブル付タイプ

DRLIIシリーズ テーブル付タイプ

上記で求めた負荷モーメントに対する許容モーメント(最大負荷モーメント)の負荷率が1以上になった場合、動作不良や寿命低下の原因になります。

選定を依頼する

トルク計算等のモーター選定を、専任スタッフがお客様に代わっておこないます。(無料)
機構に応じた最適な製品のご提案はもちろん、周辺機器のご紹介や計算過程のご提示もおこないます。
最短2時間で回答いたします。(当社受付時間内)
受付時間 : 9:00~17:00(土、日、祝日を除く)

・WEBサイトで依頼する場合

選定フォームを使って簡単に選定依頼ができます。

依頼フォームはこちらから

・FAXで依頼する場合

選定依頼用紙に必要事項を記入し、お近くのお客様ご相談センターへお送りください。

選定依頼用紙はこちらから

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る