αSTEPの基礎

2-2. αSTEPの制御方法

αSTEPの制御方法についてご紹介します。
パルス列信号の指令位置に対する、実際のローター回転位置の偏差(遅れ/進み)を偏差カウンタで演算します。
偏差カウンタの演算結果から「過負荷領域」を判別し、オープンモード/クローズドモードの制御を切り替えて運転します。
通常時はステッピングモーター同様、オープンモードで制御します。

αSTEPの制御方法

常に位置をモニタし位置偏差が±1.8°以上になるとクローズドモードに切り替わります。

αSTEPの制御方法

内容についてご不明点はありませんか?お気軽にお問合せください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る